スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加してみました♪

その後

2012.11.28
その後、私は元気です。
皆さん、心配してくださってありがとうございます。
ちょっと後日談があるのでその事を書きます。

手術をする事になり血液検査をする事になりました(妊娠中にする血液検査ではない)。
手術を終えた次の日に、経過を診る検診に行ったところ、診察中(いわゆる診察台に乗ってる時)カーテンの向こうから先生が、

先「C型肝炎やった事ある?」
私「は?ないです。」
先「血液検査の結果で陽性なんだけど、身内にいるとか・・・」
私「いえ、聞いた事ないです」

C型肝炎!?
聞いた事あるあのC型肝炎?
あまりよくない病気のような気がするけど(病気にいいも悪いもないけど)、具体的にどうなるんだっけ!?
と???のまま診察室に行き、先生は、
「C型肝炎の抗体がプラス。もっと詳しい検査できるけど・・・。術後の経過は順調です」
と言って席を立ったんです。
経過に関して聞こうと思ってた事も吹っ飛んで、そばにいたおばちゃんの看護師さんに、
「抗体があるって事は以前C型肝炎になったって事ですか?」
と質問したところ、
「質問があるんだったら次の検診に来た時にでも・・・」
(数日後もう1度行く事になっていた)
と言われたので詳しい事は聞けず。
病院を出たその足で本屋さんに行き、C型肝炎の本を読みました。
ウィルス性の病気で、感染経路は血液感染。
放っておくと肝硬変や肝がんになる。
母子感染はほぼない。
・・・
がん!?
母子感染!?
ほぼって事は100%じゃないって事!?
とパニック。
帰り道はなんとか涙をこらえながら帰り、家に着いた途端号泣。
(ちなみにこの日は娘は一時保育)
流産だけでも辛いのにC型肝炎!?
なんで私ばっかり。
気持ちを切り替えて次がんばろうって思ってたのに、なんでこんな事が起こるん!?
C型肝炎の治療しながら妊娠は可能なのか!?
色んな事を考えて号泣しながら旦那さんに電話。
旦那さんは「まさか」とびっくりしてた様子。
そこで私も少し冷静になり、落ち着きを取り戻しました。
娘を妊娠した時の血液検査では異常はなかったので、感染したとしたら出産から今までの間?
でも輸血もしてないし、今まで受けた注射が不潔な注射針だったぐらいしか原因がわからない。。。
もしかして検査結果が間違いだったのではないか・・・と思い始めました。
そして娘の時に通ってた産婦人科へ事情を話し、詳しい血液検査をしてもらおうと行きました。
そこの先生はカルテを見ながら「前は陰性だったのにねー」と言っていました。
結局そこでは容器がないとかで採血はできず、どっちみち詳しい検査をするなら内科に行ったほうがいいと言われ、次は内科へ。
そこでも事情を話し採血をしてもらいました。
娘の妊娠中の血液検査は陰性だった、その後輸血などはしてない事を説明すると先生は不思議顔。
ほらほら、なった経緯がわかんないでしょ?と私も思ってきてます(笑)
結果が1週間後という事で、開き直った感じで1週間過ごし、結果を聞きに行ったら、

検出せず

要するに、今活動しているウィルスはないという事でした。
でも前の検査で抗体がプラスだったという事は、1度なって抗体が出来たという事だろうと。
陰性だった時の検査での反応が薄かったのかも・・・と言われましたが、とりあえず心配はないという事がわかり一安心しました!
っていうかなんだったんだー!
今回通ってた産婦人科には不信感です!
旦那さんは、
「流産をした人にC型肝炎の抗体がプラスだったって言うだけで何も説明しないって配慮が足りないと思う」
と言ってましたがまったくその通り!
なぜ途中で先生が席を立ったのか。
看護師さんも「次来た時に先生に聞いてもらって・・・」ってこっちの質問に答えない。
しかも次行った時に先生からその話は一切なし!
不安にさせるだけさせといてフォローがまったくなしでした
なんかもー、ぐったり

でも、検査が間違ってたのか抗体があるのかははっきりわかりませんが、今回の妊娠はこの事を教えてくれる為だったんだ、と確信しました。
だって妊娠したおかげで血液検査をしたんだもん。
自分では絶対気付かなかった。
無事に産まれてきてほしかったけど、でも教えに来てくれてありがとう。
悲しい出来事だけど、不思議と心が温まった出来事でした。

そんなこんなで気持ちがバタバタしておりました。
今はもう大丈夫です
怒涛の毎日だったー

スポンサーサイト

ランキングに参加してみました♪

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

確かにその産婦人科の対応には「??」な感じですね~。
はっきりしないにしても、もう少し詳しく説明が欲しいですよね。
順番は後になっても、もう一度説明を聞くために待っている患者さんって個人病院だと結構いるのに・・・・
さやっくま。さんの前向きな姿にホッといたしました(^^)
きっと次回はこうのとりが運んで来てくれると信じています♪

大変でしたね。なんなんでしょう。その産婦人科。
なんだか私までイライラしてきちゃいました!
とりあえず今は大丈夫なようで安心しました。

前回の記事にコメントしたのにうまく送れなかったのですが、
書いていたことをさやっくま。さん自身がお感じになっていたようで驚きました!
赤ちゃんは、妊娠できただけで嬉しいんだそうです。
いろんな事情で生まれてこられない赤ちゃんは、急いでママに伝えなくてはいけないことがあるんだそうですよ。
それが、今回のことだったようですね。ママ想いのステキな赤ちゃんですね~。
この赤ちゃんのおかげで、次は惑わされることなく、安心して産める産婦人科選びができそうですね。

コウママさん

患者に不信感を持たせる医者ってどうかと思いますよね~?
なんか最初からしっくりこなかったんですよね~
根拠はないけど・・・
もう行きません!

もう前向きになっていいのか、とも思うんですが、ずっと止まったままでもどうにもならないですもんね。
またこうのとりさんが連れてくるのを待ってます^^

あまいいちごさん

ほんとにそうですね!
今回通った産婦人科にはもう行かないですもん!
(ただ駅から近いという理由だけで行ってた)

血液検査の事で、泣いたり落ち込んだりしましたが、結果がなんともなかったとはいえ、今回の妊娠の意味がわかって不思議な体験をした気分です。
こういう事ってあるんですね!
こういう事があったからすぐ前向きになれたのかも^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。